Home Protection

駐車場にも防犯カメラを取り入れよう|安全を維持する

高画質で長時間録画が可能

高性能カメラとレコーダー

防犯カメラ

防犯カメラは日々進歩しており、駐車場の防犯カメラに限って見ても高性能の製品がたくさんあります。
駐車場の防犯対策は大きな課題となるため、オーナーの方は防犯カメラの導入を考えてみましょう。
駐車場に設置可能な防犯カメラは様々存在していますが、はっきりとした映像を残すためにはある程度の画素数が求められます。
100万画素以上の製品であれば防犯として十分に役立ってくれますが、中には200万画素以上の性能を持つ機種も販売されています。
車のナンバーや顔の表情までわかるような、より鮮明な映像を求める場合も対応できるようになっています。
録画データはカメラ本体に保存することもできますが、駐車場に設置する防犯カメラの場合は別の専用レコーダーに保存することが一般的です。
レコーダーも容量の大きなものが販売されているので、高画質でも長時間収めることが可能です。
また、容量を超過すると古いデータから自動で上書きする機能を持ったレコーダーもあり、常に新しい映像を残すことができます。
カメラの性能自体も向上しており、広範囲を記録できる広い画角を持った製品もあります。
大きな面積の駐車場でも、こういった製品を導入すれば少ない台数で隅々まで記録することが可能です。
そして盗難などは夜間に発生することが多いため、暗いところでも確実に記録できる性能が求められます。
駐車場向けの防犯カメラには夜間でも鮮明に撮れる赤外線を搭載しているものが多いため、夜間もしっかり機能してくれるでしょう。

導入しやすい環境です

警備員

駐車場に防犯カメラを設置する方が増えています。
防犯カメラの高性能化によってこれまでは捕捉しきれなかった様な映像もしっかりと残す事が出来るので駐車場管理会社はもちろん、企業、公共施設、更には個人宅まで幅広い用途で利用が行われている状況です。
これまでの防犯カメラは画質が低く、暗部での撮影にも弱い傾向があり、犯罪が発生しやすい深夜帯の撮影で有効な力を発揮出来ない状況でした。
その点、近年の防犯カメラはフルハイビジョン対応や高感度撮影に強くなっているなどあらゆるシーンで有効的に働きます。
相場そのものが下がって来ているので高性能化をしても導入コスト自体に大きな差は無く、導入する企業や自治体、個人の方にとっても負担は変わらない状況となっています。
更に多機能化も進んできており、ハードディスクとの連携や無線通信でのインターネット上での閲覧などこれまで行う事が出来なかった様な利用の仕方が可能となっているのです。
特に駐車場への防犯カメラの設置は駐車場の監視をするという目的だけでなく、家屋全体の防犯にも繋がるので防犯対策を行いたいという家庭にとっては非常に有効な手段であると言えます。
オプションや設置費用などを含めても十数万円程度から導入を行う事が可能ですし、もっと導入費用を抑えたいという方の場合も機能を制限すれば十分に予算内で選択をする事が出来ます。
選択肢は非常に豊富に揃っているので、優先順位をしっかりとつけて比較検討を行いましょう。

車場荒らしを回避する

駐車場

住宅から少し離れた場所にある青空駐車場は、犯罪の被害を受けやすくなっています。
人の気配がないと、車場荒らしなどの盗難が頻発して経営に支障を来すこともあります。
また駐車場内での事故や出来事を常に監視することは事実上不可能といえます。
そこで駐車場に防犯カメラを設置して、駐車場内で起こる出来事を記録できるようにしましょう。
駐車場に設置する防犯カメラは広範囲をとらえることができないといけません。
また夜間に屋外で起こることも多いですから、防犯カメラは解像度の高い赤外線のものを選ぶようにしなければなりません。
常に防犯カメラの映像をリアルタイムで監視することはできないでしょう。
そのため異常を検知したときにセンサーで、どこにいても知らせてくれるようになっていると、すぐに対応が可能といえます。
また異常が確認された当時の状況が録画されていて、後からじっくりと確認のできるだけのメモリの容量があれば、いざというときにとても役立ちます。
近年は非常に駐車場での車場荒らしなどのトラブルが増加しています。
駐車場を経営していて防犯対策をなにもしていないというのはあまりにも無策といえます。
防犯カメラの設置は犯罪の抑止効果も高まります。
必ずしも最高品質のものでなくとも、かなりの抑止効果という面では期待はできます。
防犯カメラを設置する前に、導入の費用やランニングコストも含めて、どの程度のものが経営に支障がないかを判断しておくといいでしょう。

リニューアルの基本とは

防犯カメラ

点検と修理を繰り返すと、10年程度防犯カメラを使い続けることもできますが、故障の頻度が高いのであれば買い替えると良いでしょう。画像が鮮明な最新の機種を選んだり、抑止効果が期待できる製品を導入するのが、駐車場のセキュリティを高めるコツです。

もっと読む

防犯、犯罪抑止に最適

カメラ

昨今の物騒な事件を受けて駐車場に防犯カメラを設置する方が増えています。中には補助金を受ける事が出来る市町村もあるなど自治体側も防犯、犯罪抑止の観点から防犯カメラの設置を推奨している傾向があります。なお、防犯カメラ選びの際は専門家に相談をするのが賢明です。

もっと読む

安心を買うという考え

ガードマン

駐車場に停めている間のトラブルが多発しており、個人宅でも防犯カメラを導入する人が増えています。コストが気になる場合は、まずダミーの防犯カメラからトライしてみるとよいでしょう。ダミーでなくとも、幅広い価格帯の商品があります。

もっと読む