Home Protection

駐車場にも防犯カメラを取り入れよう|安全を維持する

安心を買うという考え

カメラの活用

ガードマン

ここ数年、ニュースなどで自家用車の盗難についての話題を聞く頻度が高くなっています。
家に空き巣に入られ、車の鍵を盗まれて車も盗難に遭うというケースもあります。
しかし鍵は手元にあり、更に車に施錠していたにも関わらず、こじ開けられて盗まれるというパターンも最近増えています。
特に遠隔操作できるキーレスエントリータイプの車が狙われると言われています。
また、自宅あるいは契約中の駐車場内で、他の車に当て逃げをされるということも少なくありません。
このような駐車中あるいは駐車場でのトラブルを未然に防ぎ、何かあったときには迅速に解決する糸口となるのが防犯カメラの設置です。
防犯カメラというと大袈裟だと思われる方がいらっしゃるかもしれません。
しかし、自宅の駐車場における防犯カメラの設置件数は、年々高くなっています。
防犯カメラといえど、実はたくさんの種類があります。
録画時間や画質などで価格が大きく変わります。
家庭用でなおかつ最低限の機能でよいということであれば、安価での導入が可能です。
ランニングコストの面においても、維持費が高いということはないので、安心を買うという意味合いで購入される方が多く見受けられます。
初期費用やランニングコストがやはり気になるという方には、ダミーの防犯カメラをおすすめします。
駐車場にダミーカメラを設置しておくだけで、問題の発生率が比較的下がる傾向にあります。
外観は本物のカメラと遜色ないものが多いので、視野に入れるとよいでしょう。

画質を重要視しましょう

駐車場

無人で管理されている駐車場というのは無人なのでコスト・手間を抑えることが出来るというメリットがあるのですが、デメリットもあります。
そのデメリットとは、犯罪・いたずらが起こりやすいということです。
誰も見ておらず監視の目が無い為、車上荒らしやナンバープレートの盗難といった犯罪や、車へ傷を付けるといったいたずらも頻繁に起こりえます。
このように無人であることはデメリットもあるのですが、実はそれを解消する方法があります。
その方法とは駐車場への防犯カメラの導入です。
防犯カメラがあれば常に監視されているという心理が働くため、犯罪抑止力になります。
また、実際に犯罪が起こった時にも、過去の映像を見返すことで、犯罪の早期解決が期待出来るのです。
しかし、ここでポイントになってくるのが、カメラの性能です。
50万画素程度の画質の防犯カメラだと映像が不鮮明な場合が多いので、気を付けましょう。
また、夜間撮影が可能なタイプを選べば、夜間でもきれいな映像が撮れます。
駐車場での犯罪はひと通りが少ない夜間に行われる事が多いので設置する価値があるでしょう。
最近では、駐車場に適した防犯カメラをインターネット通販でも購入する事が可能です。
通販で購入した防犯カメラは、自身で設置することも出来ます。
販売業者によっては、設置方法を動画でレクチャーしてくれているところもあります。
しかし、中には設置作業が苦手だと感じている人もいるでしょう。
そのような場合は、電気工事業者に依頼をすれば問題ありません。

費用も重要な要素

防犯カメラ

駐車場に設置するタイプの防犯カメラは、安価なものからハイスペックなものまで存在していることから、駐車場の規模や状況によって設置する防犯カメラの種類を選択する必要があります。
基本的に店舗や屋内だとパンチルトカメラやドーム型のカメラが好まれる傾向にありますが、駐車場の場合だと24時間体制で録画を行なうので、赤外線カメラ機能などが重視されることが多いです。
赤外線カメラ機能が搭載された防犯カメラを設置すれば、深夜などのトラブルの多い時間帯にもしっかりと対応可能となり、駐車場を常に安定的に管理することができます。
そのため24時間営業の店舗や深夜にも利用者の多い駐車場などでは多くの場合で設置されています。
また最近では複数のカメラを設置して自動でカメラのスイッチングを行い、様々な角度から駐車場を撮影する機能も、広い駐車場などでは需要が高いです。
これらの機能が導入されていれば、動画をチェックする人員も効率化することが可能となり、経済的に防犯カメラを運用することができるようになります。
また効率化の進んだ防犯カメラとして最近注目されているセンサーカメラを導入すれば、なにか動きがあった場合だけ録画を実行されるので、後からチェックする際にもスムーズに状況を把握することができます。
もちろん映像を保存する費用に関しても大幅に抑えることができるので、メンテナンス費用を抑えたい事業者からはセンサーカメラが人気となっています。

リニューアルの基本とは

防犯カメラ

点検と修理を繰り返すと、10年程度防犯カメラを使い続けることもできますが、故障の頻度が高いのであれば買い替えると良いでしょう。画像が鮮明な最新の機種を選んだり、抑止効果が期待できる製品を導入するのが、駐車場のセキュリティを高めるコツです。

もっと読む

防犯、犯罪抑止に最適

カメラ

昨今の物騒な事件を受けて駐車場に防犯カメラを設置する方が増えています。中には補助金を受ける事が出来る市町村もあるなど自治体側も防犯、犯罪抑止の観点から防犯カメラの設置を推奨している傾向があります。なお、防犯カメラ選びの際は専門家に相談をするのが賢明です。

もっと読む

安心を買うという考え

ガードマン

駐車場に停めている間のトラブルが多発しており、個人宅でも防犯カメラを導入する人が増えています。コストが気になる場合は、まずダミーの防犯カメラからトライしてみるとよいでしょう。ダミーでなくとも、幅広い価格帯の商品があります。

もっと読む