Home Protection

駐車場にも防犯カメラを取り入れよう|安全を維持する

防犯、犯罪抑止に最適

補助金も積極活用しよう

カメラ

近年、物騒な事件が多く発生しており、防犯カメラの需要が増えています。
直接的な事件現場で無くても、防犯カメラが設置されていた事によって犯人の足跡をたどる事が出来、凶悪事件が解決された事例も多く、自治体によっては個人の防犯カメラ設置に関しても補助金を出すケースもある程です。
補助の金額としては購入金額の半額、3分の1程度を補助してくれる所もあり、複数設置を考えている様な方にとっては非常に大きなインパクトとなっています。
その防犯カメラを設置する場所として最も多い場所となっているのが駐車場です。
駐車場は車のイタズラ対策や家屋への侵入対策として設置されるケースが多くなっています。
防犯カメラはイタズラや車上荒らしにあった際の犯人追跡の有効な証拠となりますし、駐車場に設置しているだけでも空き巣の抑止にも繋がります。
なお、防犯カメラの駐車場設置の際には専門の業者に依頼をするのが賢明と言えるでしょう。
犯人が嫌がる防犯カメラの向きや角度を熟知していますし、家庭の方法もしっかりとしています。
また、初めて防犯カメラの導入を行う際はカメラの種類選びも専門家に相談をしながら行うのが良いでしょう。
広角レンズ搭載モデルかズームに強いモデルが最適かは駐車場の設計によって異なってきます。
万が一、車上荒らしやイタズラなどの事件にあった際に防犯カメラの映像が証拠として効力が発揮されないという事がない様にカメラ選びには注意をしましょう。

補助金も要チェック

駐車場

駐車場の防犯対策を検討している方に最適なのか防犯カメラです。
防犯カメラは原始的ではあるものの、防犯対策としての効果も大きいですし、万が一、車上荒らしやイタズラにあってしまった際も警察や保険会社への証拠として提出する事も可能となります。
駐車場での事故や事件が多い駐車場を管理している方や事故や事件に巻き込まれた際に泣き寝入りしたく無いという方は積極的に駐車場に防犯カメラを設置して行きましょう。
その防犯カメラの設置を行う際に押さえておきたいのが、カメラに付随する機能です。
防犯カメラはカメラで撮影を行い、その映像を保存するのが基本的な役割となります。
ところが、近年はその基本的な機能に加えて、様々な付随する機能が登場して来ているのです。
特に押さえておきたい機能と言えるのが、ネットワーク機能です。
パソコンやスマートフォンなどを使って防犯カメラを遠隔操作する事が出来るので複数の場所を監視したいという方や逐一、状況を確認したいという方に最適であると言えるでしょう。
ネットワーク対応のカメラは近年、増加傾向にあるので性能も様々な種類から選べるようになって来ているので最も注目すべき防犯カメラと言っても過言ではありません。
なお、防犯カメラの設置は自治体によっては積極的に推奨している所もあり、中には設置費用、購入費用を一部補助してくれる所もあります。
自身が住む地域が対応しているか否かは必ずチェックしましょう。
場合によっては数十万円単位で補助を受ける事が出来るケースもあります。

パーキングでの使用

防犯カメラ

技術的な進歩に伴い、防犯カメラがあらゆる場所に設置されるようになりました。
これは犯罪の発生率の高い繁華街だけではなく、大切な愛車を保管する駐車場にも多く使用されるようになってきています。
また、選択肢も増えて用途に応じた防犯カメラを選ぶ事が出来るようになってきたため、予算に応じたものを購入する事が可能です。
防犯カメラを駐車場に設置する場合、駐車場の規模や立地条件、第三者の侵入のしやすさなど様々な要因を考慮する必要があります。
駐車場に設置する防犯カメラは主に盗難を予防する目的だけではなく、器物損害や車上荒らしなどさまざまなトラブルを未然に回避することができるものです。
また、この試みは月極めの駐車場に加え、自宅のパーキングスペースにも積極的に採用されてきており、大きな防犯効果を発揮しています。
そして、技術的な革新は防犯カメラの夜間の視認性を高める事にも成功しています。
数千円単位の安価なカメラでも十分な機能を完備している機器が販売されているのです。
これらの理由から自宅のカーポートや駐車スペースにカメラを設置するケースが増え、防犯に大きく貢献しています。
加えて、防犯カメラの中でもより高価な機器はワイヤレスのネットワーク環境を利用する事ができたり、より高画質での録画を長時間可能にしてくれるなど優れた機能を持つものです。
これらの防犯カメラは業務用であり、設置にも数十万円単位の支出が必要になります。
しかし、複数の高額車両の安全性を確保する上では不可欠なアイテムとされています。

リニューアルの基本とは

防犯カメラ

点検と修理を繰り返すと、10年程度防犯カメラを使い続けることもできますが、故障の頻度が高いのであれば買い替えると良いでしょう。画像が鮮明な最新の機種を選んだり、抑止効果が期待できる製品を導入するのが、駐車場のセキュリティを高めるコツです。

もっと読む

防犯、犯罪抑止に最適

カメラ

昨今の物騒な事件を受けて駐車場に防犯カメラを設置する方が増えています。中には補助金を受ける事が出来る市町村もあるなど自治体側も防犯、犯罪抑止の観点から防犯カメラの設置を推奨している傾向があります。なお、防犯カメラ選びの際は専門家に相談をするのが賢明です。

もっと読む

安心を買うという考え

ガードマン

駐車場に停めている間のトラブルが多発しており、個人宅でも防犯カメラを導入する人が増えています。コストが気になる場合は、まずダミーの防犯カメラからトライしてみるとよいでしょう。ダミーでなくとも、幅広い価格帯の商品があります。

もっと読む