Home Protection

駐車場にも防犯カメラを取り入れよう|安全を維持する

リニューアルの基本とは

新製品の導入方法

防犯カメラ

オフィスビルや商業施設内で、駐車場のセキュリティを強化したい場合には、防犯カメラを設置して一元管理するのが効果的です。
セキュリティについてのノウハウを持っている業者と相談して、予算に合わせて防犯カメラの設置場所を決めるのが理想的です。
また最近の防犯カメラは録画機能も付いており、ハードディスクの耐用年数なども考えながら、定期的に買い替えるのがポイントです。
特に屋外にある駐車場の場合には、カメラが風雨に曝される機会が多いために、5年程度で買い替えるのが賢い方法です。
確かに定期的に点検や部品の交換を行うと、耐用年数を10年程度に延ばせますが、故障の頻度が高まったときが買い替えのタイミングです。
更に駐車場向けの防犯カメラの性能は着実に進歩しているので、技術革新の動向を見据えながら、新製品を導入する取り組みも必要です。
数多くの企業に防犯カメラを納品している、専門業者の助言を活用すると、駐車場のセキュリティもより一層高まるでしょう。
時代と共に駐車場のオーナーのニーズも変化しているので、解決したい問題点を整理したうえで、買い替えのプランを構築するべきです。
近ごろでは車種やナンバーを確認したいというオーナーも増えており、新たに買い替える場合には、画像が鮮明な機種を選ぶ事例が中心です。
しかも不法投棄や車上荒らしのように、駐車場内の犯罪行為の種類も多様化しており、抑止効果の高い機能が充実した製品が評判です。

自己防衛策に有効

駐車場

防犯カメラを利用する目的は様々あります。
これまでは企業などが自社の資産や機密情報を守るために設置するというケースが多くありましたが、顔見知りによる残忍な事件なども多数発生している昨今、防犯対策や抑止力として防犯カメラを設置する方も増えてきている状況です。
中でも増えているのが、駐車場に防犯カメラを設置するケースです。
凶悪犯罪に備えるという意味合いもありますが、車へのいたずらや車上荒らしの対策として設置をするという方も多くいます。
また、防犯カメラを道路に面した駐車場に設置する事で駐車場の監視を行うだけでなく、自宅前を通る不審者の挙動も合わせてチェックするという方もおり、防犯カメラを有効活用しています。
ただし、全ての防犯カメラがその様な形で幅広い範囲を撮影出来る訳では無いので、防犯カメラ選びの際には注意をしましょう。
駐車場回りを重点的に防犯したいという方の場合、広角撮影が出来る防犯カメラが最適となり、駐車場に面する道路までしっかりと撮影したいという方はズームが利くタイプの防犯カメラを選ぶのが賢明と言えます。
なお、防犯カメラは雨や湿気で有効に作動しなくなるケースもあるので設置の際には専門家によるアドバイスを聞いて、適宜、ハウジングを活用するなど配慮をするのが良いでしょう。
この様にあらゆる理由から防犯対策としてカメラを設置する方が増えています。
犯罪抑止にも繋がるので、現状、トラブルが発生していないという方も事件に巻き込まれる前に自己防衛策として検討をするのが良いでしょう。

機能が充実している

防犯カメラ

防犯カメラを設置する場所としてポピュラーなのが、店舗やマンションなどに併設されている駐車場です。
駐車場は夜になると明かりが十分ではないことが多く、防犯上色々と問題になることがあるので、防犯カメラの設置はとても大切な対策となっています。
防犯カメラを駐車場に設置する場合には、常にスタッフが状況を確認するようなことはなく、基本的には録画をしておいて問題が発生したら後から確認するというスタイルになっています。
そのため録画した動画の品質や管理の仕方がとても重要になってきます。
駐車場に設置する防犯カメラの場合には、設置場所にカメラを固定して、全体的に駐車場を録画する方法が一般的になっています。
ですがその方法だと細かい動きなどを正確に追うことができないので、トラブルの詳細な情報を知ることは難しいです。
そのため最近の防犯カメラでは、後から再生する際にもズームアップできたり、再生する位置を変更できたりします。
また暗闇においてもしっかりと各種の動きを追跡することができるように、暗視カメラなどの機能が備わっていることもあります。
さらに複数の防犯カメラを同時に運用して、様々な角度から駐車場を監視できるシステムも存在しており、大型の店舗などに設置されている駐車場の防犯カメラでは24時間細かい部分まできちんと管理が実施されています。
そういった録画の仕組みが存在しているので、駐車場でのトラブルを解決できる確率は確実に上がっています。

リニューアルの基本とは

防犯カメラ

点検と修理を繰り返すと、10年程度防犯カメラを使い続けることもできますが、故障の頻度が高いのであれば買い替えると良いでしょう。画像が鮮明な最新の機種を選んだり、抑止効果が期待できる製品を導入するのが、駐車場のセキュリティを高めるコツです。

もっと読む

防犯、犯罪抑止に最適

カメラ

昨今の物騒な事件を受けて駐車場に防犯カメラを設置する方が増えています。中には補助金を受ける事が出来る市町村もあるなど自治体側も防犯、犯罪抑止の観点から防犯カメラの設置を推奨している傾向があります。なお、防犯カメラ選びの際は専門家に相談をするのが賢明です。

もっと読む

安心を買うという考え

ガードマン

駐車場に停めている間のトラブルが多発しており、個人宅でも防犯カメラを導入する人が増えています。コストが気になる場合は、まずダミーの防犯カメラからトライしてみるとよいでしょう。ダミーでなくとも、幅広い価格帯の商品があります。

もっと読む